2013/12/29

もう一度知りたい!有機農と有機な暮らし

shimosato.jpg


1月、友達のお店でこんなワークショップやります。
有機農のこと、食の安全のこと、エネルギーのこと、循環型の生活のこと、
ここに、いま大切な答えがひとつあると思います。
一緒に考えてみましょう。
みなさんご参加お待ちしております!

↓お申し込みはこちらから
http://ha-na-musubi.jp/workshop.html

=====

「いつもの生活に農をちょっと取り入れて見ませんか?」をテーマに行っている ハナムスビのワークショップ「都会で始める“農のあるライフスタイル”」。
今回は埼玉県小川町で1970年代から有機農業を行っている金子美登さんの元で有機農を学び、現在も小川町で農業を行っている有井佑希さんをお迎えして、有機農についてもう一度学びたいと思います。
農薬を使わなければ有機農なの?ところで有機って何?有機農の野菜って美味しいの? などなど、知ってるようで知らない有機農についてもう一度聞いてみたいと思います。 そして有機農の視点から、食の安全や、エネルギーのこと、 循環型の生活について、みんなで考えてみたいと思います。
そして第2部は、埼玉県小川町の在来種の大豆、青山在来を食べる会を開催。 豆料理ならお任せのハナムスビのシェフが腕をふるいます。 どんなオリジナル料理がでるかお楽しみに!

◯ 日程:2014年1月26日(日)
◯ 会場:ハナムスビ お豆のレストラン
東京都品川区西五反田5-12-3(東急目黒線 不動前駅 徒歩1分)
http://ha-na-musubi.jp/
◯ 第一部:15:30~17:30 ワークショップ
参加料:1,500円(ワンドリンク付)
講師:有井佑希さん(霜里学校)
◯ 第二部:18:00~20:00 懇親会
青山在来大豆を食べよう!
お料理¥2,000 + ドリンクオール500円(キャッシュオン)
◯定員:20名(先着順)

======

【講師】有井佑希さんプロフィール:山口県出身。大学で環境問題・国際問題を学び、その解決の糸口として有機農業の世界に魅了され、霜里農場の門戸を叩く。他の農場を含め3年の農業研修講師を経て、小川町で田畑を始め3年目。

arii.jpg


【霜里学校】埼玉県小川町を拠点とし「有機栽培の普及」「旧下里分校の活用」「自然食の生産・販売」「子ども体験学習」「地域の伝統文化継承」「農地・里山の再生」「都市と農山村の交流」を行うNPO法人。
http://shimozato.jp

◯ 主催
・ハナムスビ http://ha-na-musubi.jp
◯ 企画・協力
・NPO霜里学校 http://shimozato.jp
・ホソノデザイン http://hosono-design.jp
・りかるちプロジェクト http://reculti.org

↓お申し込みはこちらから
http://ha-na-musubi.jp/workshop.html
 
 
2013/01/16

都会で始める“農のあるライフスタイル”ワークショップ第2回開催!

ha-na-musubi_ws_130202.png
 
 
2/2(土)、私も企画から参加している農にまつわるワークショップの第2回を開催します。

======

ハナムスビ×りかるち ワークショップ
「都会で始める“農のあるライフスタイル”」
〜土に触れてココロもカラダも健康に!〜
 
第2回:農のある生活実践編〜実習:野菜の苗を育ててみよう


◯ 日程:2013年2月2日(土)
◯ 場所:ハナムスビ お豆のレストラン
     東京都品川区西五反田5-12-3
     (東急目黒線 不動前駅 徒歩1分)
     http://ha-na-musubi.jp/restaurant/
◯ 第一部:15:30〜17:30 ワークショップ
  参加料:1,500円(ワンドリンク付)
◯ 第二部:18:00〜20:00 懇親会
  ドリンクオール500円(キャッシュオン)+ 食事は参加者で割り勘にしましょう。参加の皆さんでハナムスビのお豆料理をお楽しみください
 
◯ 内容紹介
都会で住みながら農のある生活を一歩踏み出すにはどうしたらいいんだろう?
 
実際やっている人、具体的な場所、イベントなどの機会・・・などなど様々な例を参考に、今回はみなさん参加型スタイルで、考えて話して情報をシェアしていきたいと思います。もちろん初心者の方も大歓迎!
東京都檜原村で農業を通した地域活性、休耕地復旧などを手がけるキュアリンクの竹本さんを中心に、いろいろな形の「農のあるライフスタイル」について考えていきましょう。
 
そして後半は皆さんで野菜の苗作り「育苗(いくびょう)」に挑戦します。
きゅうりやピーマンなどの野菜は通常畑に直接種を蒔くのではなく、ポットなどで発芽させてある程度の大きさまで育ててから畑に植え直します。それにより直播きするより病害虫に強くなるとも言われています。
 
竹本さんの指導のもと、会場で特製ポットにきゅうりやピーマンの種を蒔く実習を行います。それをみなさんのご自宅で発芽させ、ベランダのプランターへ、もしくは4月にみなさんで畑に定植しに行きましょう!
 
そんな野菜栽培のはじめの一歩を体験できるプログラムです。
皆さんのご参加おまちしております。

>> ↓↓参加申し込みはこちらからお願いします↓↓
http://ha-na-musubi.jp/restaurant/subscription.html

※20名限定です。お早めにどうぞ!


主催: ハナムスビ http://ha-na-musubi.jp/
企画・協力:
グリーンスマイル http://www.greensmile.asia/
りかるちプロジェクト http://reculti.org/
ホソノデザイン http://hosono-design.jp/
2012/11/17

「農」にまつわるワークショップ開催します!

12/1(土)、友人のお店「ハナムスビ お豆のレストラン」で「農」にまつわるワークショップやります。私も企画からお手伝いしてます。「都会で始める“農のあるライフスタイル”」をテーマにゲストを招いて、今からはじめる「農」のある生活!を考えていきます。みなさんのご参加お待ちしております!

workshop_121201.png

ハナムスビ×りかるち ワークショップ
「都会で始める“農のあるライフスタイル”」
〜土に触れてココロもカラダも健康に!〜


第1回:ベランダでできる野菜栽培と近くでできる農業体験

◯ 日程:2012年12月1日(土)
◯ 場所:ハナムスビ お豆のレストラン
◯ 第一部:15:30〜17:30 ワークショップ
 参加料:1,500円(ワンドリンク付)

◯ 第二部:18:00〜20:00 懇親会
ドリンクオール500円(キャッシュオン)
+ 食事は参加者で割り勘にしましょう!
参加の皆さんでハナムスビのお豆料理をお楽しみください

◯ 内容紹介
いつもの生活に農をちょっと取り入れて見ませんか?

ベランダのプランターで、家のちょっとしたお庭で、野菜の種を蒔いてそれが発芽して、水や肥料をあげて成長を見守る・・・そしてそれを収穫して自分で食べる。身近にそんな事があるだけで、都会での単調な生活リズムが彩りあるものに変化します。それは心身に余裕をもたらし、優しい、穏やかな気持ちをはぐくみます。
今回は東京都檜原村で農業を通した地域活性、休耕地復旧などを手がけるキュアリンクの竹本さんを招き、都市部に住みながらもできる「農」のあるライフスタイルを考えるワークショップを開催します。

竹本さんの普段の活動のお話をうかがいつつ、今回は自分でもすぐ始められる農のある暮らしとして「手軽にできるベランダ栽培」を紹介。会場で小さな鉢に植える種まき実習も予定。身近なことから農に触れる感覚を体感できるメニューです。また参加の方には「今から蒔ける野菜の種」をプレゼント。帰ったらすぐにご自身の「農」のある暮らしを始めてみてください!
この企画は春までに全3回シリーズで開催予定です。郊外の畑に出かける農業体験のメニューも準備中です。農のあるライフスタイルを始めるチャンス!ぜひご参加ください。

◯ お申し込みはこちらから(先着20名)
http://ha-na-musubi.jp/restaurant/information/?p=151

◯ 主催
・ハナムスビ http://ha-na-musubi.jp/
◯ 企画・協力
・グリーンスマイル http://www.greensmile.asia/
・りかるちプロジェクト http://reculti.org/
 
2012/04/26

福島復興を応援するプロジェクトを紹介「フクシマノコト」始めます

fukushimanokoto_cover.png

福島復興を応援するプロジェクトを紹介していく
ウェブサイト「フクシマノコト」を始めます。

継続的に福島のことを考えていくこと、支援を続けていくこと、
そんな事にちょっとでもつながればと思ったのがきっかけです。

情報は随時更新していきます。よろしくお願いします!


フクシマノコト
http://hosono-design.jp/fukushimanokoto/

 
2012/01/19

障がい者通所事業所「晴れる屋」へ

hareruya_logo.gif


火曜日、八王子にある障がい者通所事業所「晴れる屋」へ、
友人に連れていってもらい訪問した。

新年の餅つきと成人を祝う会が開かれるらしいとのことで
お手伝いに。

ここは友人のカズが以前定期的にお手伝いに来ていた施設で、
晴れる屋の代表の小林さんは私と同じくグレイトフルデッド好きで、
またハーレー乗りでもある。

このような施設では、成人した方を受け入れるところは少ないらしく、
そんな人達が学べて仕事をする環境を提供するために作られたとのこと。


午前中に晴れる屋に到着。

実は私自身、障がいをもった方々と接するのは初めてで、
最初はどうやってコミュニケーションとったらいいかわからず
ちょっと緊張気味だった。

そんな私にも晴れる屋のメンバーたちから
気さくに話しかけに来てくれる。

一緒に餅つきをしたり、一緒に盛り付けしたり・・・。
だんだん慣れてくると(私が)、
私の手をひいて音楽のかかってる部屋に連れていき、
一緒に踊ったり・・・。
逆にすっかり遊んでもらいました。

なんていうか感覚というか感性がすごく開いていて、
とてもシンプルに感じて、そして表現してるなと思った。

私たちの普段の生活では、
経験で考えて、物事をいつも同じ所に着地させたり、
このような人は嫌いだなーって最初から決めつけてみたり、
お金にならないなーとか、つまらなそうだなーとか、
やる前から下手な想像をしてみたり...。
たくさんの自分自身で作った束縛の中で思考してるなと。
そんなことを考えた。


っとあれこれ書いてみましたが、どうもまだ自分は、
彼らが違う世界の人間と思っているところがあるなー
と反省。

晴れる屋のHPの最初にこんな事が書いてありました。

=====

晴れる屋では障がいの有無に関わらず
「共に働き」ひとりの人間として同じ時間を過ごします。
そして「ひとりの人間」たちが集まって仲間をつくり、
共に生きていく「仲間づくりの場」でもあります。
自分たちが住んでいる地域に
「当り前に存在」し「当り前に生活する」場所として存在すること。
それが晴れる屋の目指すかたちです。


=====

そういうことですね。
私もあなたもひとりの人間として。

短い滞在時間でしたが、
とてもいい時間をすごさせて頂きました。


行ったことのある友人が
一度行くと「きっとまた行きたくなるよ」と言ってた意味も納得。
またぜひ!
 

>> 晴れる屋HP
>> 晴れる屋BLOG