2008/09/15

FlacをMacのiTunesで再生

080915.png


このFlukeってソフトを使うとFlacファイルの音源を
iTunesで再生できるようになります。
http://cubicfruit.com/fluke/

iTunesのプラグインというより、
FlacファイルをiTunesで再生できるように
何かしらの変換をしているようです。
(詳細不明です。拡張子は.flacのまま。)

iPodには転送出来ませんでした。


とりあえず聞けるけどな~
なんだかしっくりこないな...。



2006/05/28

iPod Suffleが壊れた。

iPod Suffleが壊れました。
USB接続部分がぐらぐらになって、ばかになってしまいました。

060528_01.jpg


ずいぶん前ですが人の会社に遊びに行った時に、
G3(青い奴)のキーボードの横のUSB端子に、
きつかったんだけどSuffleを突っこみ、はずそうと思ったとき、
無理矢理ひっぱったらここのトメがはずれたことが原因です。
それから別でも何度かはずれるうちに、
こんなになってしまいました。

保証書をチェックすると、
1年の保障期間ぎりぎりセーフ。

iPodの修理って、新品と交換なんですね。
(それで保証期間過ぎてからの修理は代金がすごく高いっていってたんだな・・)

アップルに連絡すると、
翌々日ぐらいに新品のボディだけ持って、
引き取り便がやってきます。
対応早いっ!

アップルは、サポートの対応すごく悪いって聞いたことあるけど、
保証期間中の対応はすごく良かったです。

そんなんで僕のSuffleは新品になりました。
何か理由作って一年以内に一回修理だすのいいかも~。
・・・そんなこと言ったら怒られますね。
2006/03/13

iPod Suffle & Koss The Plug

060312_04.jpg060312_03.jpg



去年買った物で大ヒットはこのセットです。

元々iPod40GBを持っていたのですが、
ジョギング用にiPod Suffleを買いました。

今更ながらSuffleのこの軽さ、存在感の無さ、
大好きです。

最近は、仕事中に音楽聞くのは、
100%がiTunesになっています。
240GBのHDにずるずると入れてたら、
今や、19982曲 119.73GB 105日(全部聞くのにかかる日数)
になってしまいました。

ここが完全に音楽のベースステーションになっているので、
出かけるときに聴きたい曲をSuffleに入れてから出かけます。
ちょうどカセットとかMDの時にどれ持って行こうかな~って
やってた感じに似ています。

アルバム3枚くらいしか入っていないから、
曲名が表示されなくても全然問題ないです。
それくらい想像してる感じが、
ぼくにちょうどいいかな・・・。

iPod40GB持ち歩いてるときは、
いつでも好きなときに好きな曲が聴ける!
なんて思ってたけど、どうせそんなにたくさん聞けないし、
聴く曲も偏ってるしで、身重な感じになってました。

iPod Suffleの適当な手軽さが好きです。


そしてiPodの白いヘッドフォンって使っていますか?
ぼくは全然使っていません。

あれ全然耳にフィットしないから、
外の音が聞こえまくりだし、
逆に音量あげると「チキチキ」音漏れしてるんじゃないかと、
心配になってしまいます。

そこで見つけたKossのThe Plugってヘッドフォン。
これまた個人的には大ヒットです。
耳に突っ込むところが、耳栓みたいなねちょねちょした材質で出来ていて、
外音を遮断してくれます。
そして価格もヨドバシなどで2,000円くらいってのも嬉しい。
音も暖かみがあって好きです。

「低音が出すぎる」「耳にフィットしない」って理由で、
改造もはやってるみたいで、ぼくも試してみましたが、
個人的には純正の方が好みでした。
> 改造関係

難を言えば、すぐ壊れます。
断線とか、挿入部がなくなったり2回ほど修理に出しました。
でも日本ではTeacが代理店になっていて、
保証期間中であれば、送料無料で修理してくれます。
(って、着払いで送付すると新品が送られてくるだけだけど・・・)
そんな適当な感じも好きです。


この2つ、いつも必ず持ち歩いています。

IPod Suffle
Koss The Plug
2006/02/19

iTunesちょっと裏技「アーティスト名検索」

060219__itunes3.jpg

ぼくは音楽を聴く手段が完全にPCでiTunesがメインになってしまった。(外出中のiPodも含む)
まずCDをターンテーブルにのせることはほとんど無い。
アナログLPなんて皆無だ。

今僕のiTunesには、
「19,700曲 103.7日 117.15GB」の音楽入っている。
103.7日ってのは全部聞くのにかかる日数。
おいおい、どう考えてもこんなに聞けませんね。

アーティスト数で949アーティスト。
スクロールバーをくりくりやって希望のアーティストを捜すのはちょっと大変。
もちろん検索窓もあって、アーティスト別・曲別など選択できるけど、
ちょっと裏技紹介。

060219_iTunes01.jpg


上部ブラウズ欄の、アーティスト名を一回クリックで選択。
そこで、例えば「Grateful Dead」なら、
「gr」とか打つと、アーティスト名が表示されます。

これが一番早い検索で便利。

060219_iTunes01-3.jpg
↑「gr」だけで「Grateful Dead」が選択される

でも、「john」とか打っても、
「John Coltrane」「John Fahey」「John Lee Hooker」
「John Lennon」「John Renbourn」などなど全部出てしまいます。
まーjohnコーナーにすぐに飛べればあとは探すの楽ですけど・。
かといって、そこで数文字打つと勝手にジャンプしてしまうので、
「John Lennon」って全部入力するのは無理・・・。