"Hosono Design Blog"

ライフスタイル、ウェブデザインなどに関するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色覚障がいのある方にとっても優しいデザイン作成のためのツール

2014-01-10.png


色覚障がいのある方にとっては、特定の色の判別が難しくなります。
日本人男性では20人に1人の割合、ヨーロッパでは男性の10人に1人の割合で
色覚障がいを持っています。男性に多いのも特徴のようです。

主な特徴として赤系統の色から緑系等の色が
グレーに見えてしまうことが多いようです。

そんな方々にも正しく情報を伝達するためには
デザイン上の色彩の使用について考慮する必要があります。

東洋インキの無償提供するカラーユニバーサルデザイン支援ツール
「UDing CFUD」と「UDingシミュレーター」は、色覚障がいを持っている方が、
実際にどんな感じに見えているかを擬似的にシュミレーションし、
また使用する色のカラーパレットの作成もできるソフトウェアです。

>> | TOYO INK GROUP | カラーユニバーサルデザイン -誰にでも優しく理解しやすい色の見え方-

>> カラーユニバーサルデザイン支援ツール



スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。