FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/01/19

障がい者通所事業所「晴れる屋」へ

hareruya_logo.gif


火曜日、八王子にある障がい者通所事業所「晴れる屋」へ、
友人に連れていってもらい訪問した。

新年の餅つきと成人を祝う会が開かれるらしいとのことで
お手伝いに。

ここは友人のカズが以前定期的にお手伝いに来ていた施設で、
晴れる屋の代表の小林さんは私と同じくグレイトフルデッド好きで、
またハーレー乗りでもある。

このような施設では、成人した方を受け入れるところは少ないらしく、
そんな人達が学べて仕事をする環境を提供するために作られたとのこと。


午前中に晴れる屋に到着。

実は私自身、障がいをもった方々と接するのは初めてで、
最初はどうやってコミュニケーションとったらいいかわからず
ちょっと緊張気味だった。

そんな私にも晴れる屋のメンバーたちから
気さくに話しかけに来てくれる。

一緒に餅つきをしたり、一緒に盛り付けしたり・・・。
だんだん慣れてくると(私が)、
私の手をひいて音楽のかかってる部屋に連れていき、
一緒に踊ったり・・・。
逆にすっかり遊んでもらいました。

なんていうか感覚というか感性がすごく開いていて、
とてもシンプルに感じて、そして表現してるなと思った。

私たちの普段の生活では、
経験で考えて、物事をいつも同じ所に着地させたり、
このような人は嫌いだなーって最初から決めつけてみたり、
お金にならないなーとか、つまらなそうだなーとか、
やる前から下手な想像をしてみたり...。
たくさんの自分自身で作った束縛の中で思考してるなと。
そんなことを考えた。


っとあれこれ書いてみましたが、どうもまだ自分は、
彼らが違う世界の人間と思っているところがあるなー
と反省。

晴れる屋のHPの最初にこんな事が書いてありました。

=====

晴れる屋では障がいの有無に関わらず
「共に働き」ひとりの人間として同じ時間を過ごします。
そして「ひとりの人間」たちが集まって仲間をつくり、
共に生きていく「仲間づくりの場」でもあります。
自分たちが住んでいる地域に
「当り前に存在」し「当り前に生活する」場所として存在すること。
それが晴れる屋の目指すかたちです。


=====

そういうことですね。
私もあなたもひとりの人間として。

短い滞在時間でしたが、
とてもいい時間をすごさせて頂きました。


行ったことのある友人が
一度行くと「きっとまた行きたくなるよ」と言ってた意味も納得。
またぜひ!
 

>> 晴れる屋HP
>> 晴れる屋BLOG
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。