FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/03/26

ニッポンの風景をつくりなおせ/梅原 真


ニッポンの風景をつくりなおせ
一次産業×デザイン=風景
/梅原 真



友人が、NHKの番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で見て
面白かったと勧めてくれ、興味を持ち本を読んでみた。
NHK 仕事の流儀「宝は、すぐ足もとにある」デザイナー・梅原 真


梅原は高知県の四万十川に住み、仕事をしている。

番組内で、潰れそうなカツオ一本釣船の漁師に頼まれ、
商品のネーミング、パッケージデザインを作っていく。
一次産業とデザインを組み合わせて、
新しい価値観をつくっていく。

実際のデザインも、派手ではないけど、
地に足の付いたデザインと感じる。
「あまりデザインしないこと」を心がけてるという。
「一次産業の現場にデザインが入りすぎると・・・違和感が生まれる」
とも言っている。
深い!自分もこんな事言えるようになりたいと思う。


デザイナーの原研哉が
日本のデザイン―美意識がつくる未来」という本の中で、
「もの」をデザインするのでなく「こと」をデザインする
と言っていた。いい言葉だ。

この本の作者の梅原も
一次産業にデザインをかけ合わせ風景が生まれると...。
デザインの捉え方がとても広義だ。


自分もそんなデザインをしたいなと
最近よく考えている。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。