--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/12/12

ポコラートと植田正治

1460134_10201504326704160_1079424859_n.jpg

昨日は打ち合わせの合間に展覧会をふたつ。
ひとつは3331 Arts Chiyodaで「ポコラート全国公募展」。
障がいのある人、ない人が創りだしたアート作品、
去年初めて見て素晴らしかったので再び。
作為がまったくない、とても自由な作品たちは、無条件に心に迫ってくる。

もうひとつは東京ステーションギャラリーで植田正治の写真展。
先ほどの展覧会とは対象的で、
こちらはリアリズムこそ全てだった昭和のある時期の写真界において、
逆に計算し演出された写真を撮り続けた写真家。
削ぎ落とされたシンプルな構成、そこからなぜか感じる素朴感、
すべてがとても美しい。

何だがいろいろ考えさせられたふたつの展覧会でした。

>> ポコラート全国公募展
>> 東京ステーションギャラリーHP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。